重要な印鑑

印鑑イメージ

もはやわたしたちの日常生活に、「印鑑」「シャチハタ」は浸透しているもので、欠かせないものですよね。
そう。

「実印」「銀行印」は、まさにわたしたちの分身というべきものです。
特に「実印」は、人生の一つ一つの節目ともいうべき時に使うことが多いものです。
大変重要な内容を、ワタシ自身が認めて、そのことに責任を持つことを認めた、ということになるのです。

【実印│日本最大級はんこ総合サイト】

実印は、法律上社会上の権利義務の発生を伴う重要な印で印鑑証明、婚姻届、不動産登記、保険などの受領に使用します。

それだけにワタシは、仕事の書類で「実印」を使う時には、必ず捺印する書類・文書の内容に一通り目を通してくまなくチェックし、きちんと内容を理解し、納得した上で、捺印することを心がけています。

「実印」「銀行印」などの登録印鑑は、そういう「印鑑」が必要な書類の時だけ、使うようにしています。
なぜなら、こうすることで、事前に偽造・盗難・財産を失う事態になることを、未然に防ぐ対策にもなるからです。

いつもオリジナルの「印鑑」を使っていれば、偽造されてしまう危険性が、グッと低くなるからです。
しかし、これを知らなかった時のワタシは、100円SHOPなどで大量生産されている、「既成印鑑」というものを使っていたことがありました。

「既成印鑑」とは、急に必要になった時に、認印として使う目的として使うことを目的として作られているのですが、100円SHOPなどで手軽に安く買える分、「印鑑」の形が、ほぼ全て同じ形になってしまうので、偽造されやすいのです。

「既成印鑑」を銀行印として登録できる銀行もありますが、極力避けてください。
これらが、ワタシの身を守ってくれたのですから。

ページの先頭へ