重要な印鑑

重要な印鑑イメージ

みなさんは、東京へ行ったことはありますか?それとも、都内に住んでおられますか?
ついこないだ、東京都の「ある区」での印鑑登録の届け出の注意を知りました。

もし、東京都で印鑑登録の届け出をしたい、という方は、その注意点を挙げていきますので、よく覚えておくとよいでしょう。

東京都のある区で、印鑑登録の届け出をする、住民基本台帳に記載されている、もしくはその「ある区」に外国人登録をしている15歳以上の住民の方で、成年被後見人ではない方に限られています。

どれどれ…ワタシはもうお酒も飲める年齢ですので、ここら辺は、問題はありませんね。

【チタン印鑑をご検討の方はこちらから】

当社のチタン印鑑は全て純チタンを使用しており、その性質は錆びにくく、耐食性に優れた素材です。

この「ある区」では、印鑑登録できる印鑑についてのことが、大まかにまとめると、次の2つが主に綿密に定められているとのことです。

  1. 住民基本台帳・外国人登録原票に記載されている姓名であること。
  2. 印鑑の印面が、すり減ったり・形が変わっていない・輪郭が欠けていない・判読が出来る印鑑であること。
    かつ、ゴム・プラスチックなどの、すり減ってしまいやすい材質で作られている印鑑ではないこと。

これらの点に気を付けて、きちんとしたものを準備しておかないと、きちんとした手続きが行われず、あなた自身が困ってしまいます。
仮にワタシが都内に住もうという時にも、大変困ってしまうのです…。
ですから、みなさんもどうぞ気を付けて下さいね。

このように役所などでは、特に印鑑登録の方法が厳密な分、その管理もしっかりしているので、ぜひ知っておくとよいでしょう。

ページの先頭へ