印鑑の寿命

印鑑イメージ

印鑑やハンコは、暮らしの中で使っているといると、やはりどうしても傷んだり汚れてきてしまいます。
そこで、1日でも長く、印鑑やハンコを使えるように、是非、お手入れの勉強をしておくとよいでしょう。

一番大事なことは、当然ですが印鑑に傷をつけないことです。
例えば、印鑑にインクをつけるためには、朱肉が必要です。

その朱肉に、印鑑を強く押しつけてしまっては、知らず知らずのうちに印鑑を傷つけることになってしまい、印鑑の寿命を減らしてしまっているのです。
基本的に、朱肉に印鑑を軽めに押しつけるだけで、インクはきちんと印鑑につくのです。

余計な力をいれずに、肩の力を抜いて、優しく丁寧に、印鑑を扱っていく心がけこそが、印鑑の寿命を大きくのばす結果になるのです。

また印鑑を使った後は、きちんと必ず印鑑を拭いて、きれいにする、ということです。
ティッシュペーパーなどの、やわらかいもので、優しくインクの汚れを拭きとるのが一般的です。

なぜこんなにこだわらなければならないのかというと、印鑑に朱肉がついて長期間そのままにしておくと、印鑑についた朱肉が固まってしまい、一度固まってしまうと、次からお手入れができなくなってしまったり、印鑑が使えなくなってしまうこともあり得ます。

【銀行印がほしい方はこちらへ】

銀行印は実印や認め印とは区別して、金融関係専用の印鑑を用意してご使用しましょう。

本来は、オリーブオイルなどでお手入れするのが一番なのですが、なかなかそこまでは手がまわらないでしょう。
認印ならまだしも、特に実印は、生活に密接している印鑑ですので、もし印鑑にインクが固まって使えなくなってしまえば、買い替えるしかありません。
普段から、きちんとお手いれは欠かさずに。

ページの先頭へ