印鑑を紛失した時

印鑑登録イメージ

みなさん、いつも印鑑をプライベートでも、常に携帯している、という人は実はそれほど居ないのではないでしょうか。
実はどこにも登録していない印鑑に限っては、仮に紛失してしまっても、特別な危険性は孕んでいません。

では、登録している印鑑を紛失してしまった場合は、一体どうなるのでしょうか。
実印を紛失した場合、いくら紛失してしまったからといって、警察に行くのは間違いなのです。
正確に言うと、「警察に行く」ということが間違いなのではなく、その順番が間違っている、ということです。

まずは、印鑑登録している役所に1番先に行くことが、正解なのです。

こういった印鑑登録してある大事なものが紛失してしまった時は、まず役所できちんと手続きを済ませて、その印鑑のもつ効力をなくしておく、これが何よりも先決なのです。

【印鑑・はんこ専門の通販サイト<年間19万件・即日OK!楽天>】

印鑑を買うなら日本最大級の印鑑通販専門店で!10年保証付きの高品質な実印・銀行印・法人印などの印鑑やはんこが最短即日出荷!便利なシャチハタやゴム印をはじめ耐久性に優れたチタン印鑑など約1万点の商品を豊富に取りそろえる印鑑の通販サイトです。

まず1番最初に、印鑑の効力自体をなくしておけば、誰かに使われて・悪用されてしまう危険性が防ぐことができます。

銀行印の場合も、必ず登録した銀行に行って、登録してある印鑑の効力自体をなくしてしまえば、あなたの財産が引き出されてしまう、などの犯罪は未然に防げるのです。届け出を出した後は、必ず新しい印鑑で、改印して新しく印鑑を登録するのを、忘れずにしましょう。

ほとんどの場合、一度紛失してしまった印鑑が戻ってくることは、まずない、と考えてよいでしょう。
新しい印鑑を登録しておく方が、無難です。その後、警察に届け出ればよいのです。

ページの先頭へ